北上市 A様 和室リフォーム工事

祖母が寝室としてして使っている和室や仏間が寒く困っています。
そのため祖母以外の家族が仏壇に手を合わせることも少なくなっています。
(A様より)
20190417ao002.jpg
ご先祖様も喜ぶ暖かい空間

 施工事例データ

施工箇所 和室(8畳+8畳+6畳)
施工内容 和室を洋間に変更
間仕切り変更
工事期間 14日
工事費用 1,600,000円
使用商材 室内建具ベリティス
パナソニック・フロア
築年数 20年

ご提案内容 和室を洋間に変更する際に断熱材を高性能に全て交換します。押入れはクローゼットにして収納量を確保し居住スペースを広くすることでベッドを置いても狭さを感じないと思います。仏壇は皆が見える場所に移動しますね。
施工前はこちら

20190417ao006.jpg 20190417ao005.jpg
仏間は暗く寒い場所でした 和室にベッドの生活です

施工中の様子

20190417ao001.jpg 20190417ao007.jpg
床壁天井に断熱材を充填 押入れをクローゼットに変更

施工が完了しました

20190417ao003.jpg 20190417ao004.jpg
スリット入りの建具で採光と気配に配慮 孫娘のお雛様が華やかさを演出しています

担当者より一言

今回断熱材を交換する際に高性能の物(壁天井はグラスウール・床はスタイロフォーム2重張り)と交換しました。
北国岩手では、居室空間が寒くないことで冬季間の活動が活発になります。気分も伸び伸びしますね!


お客様の声

今年の冬は一番北側の寝室でも寒さを感じることなく過ごすことができました。北国に住みこんなに快適な冬は初めてです。仏壇を一番北側の部屋から、中央の部屋に移動したことで家族が手を合わせる機会が増えました。
きっとご先祖様も喜んでいると思います。


  • 錯覚した時代「平成」

  •  上のグラフは朝日新聞社が3月中旬から4月下旬に、平成の時代認識を全国世論調査(郵送)しまとめたものである。インターネットの発達で日本社会は「よくなった」が35%、「悪くなった」は3
    >>詳しく見る

夢を叶えるマイスター

  • 床改修工事 その2

  • 夢を叶えるマイスターの高橋です。昨日の床改修工事の続きです。既存の床をすべて撤去して床下地部分の製作をしております。現状の基礎部分や土台のレベル(平行な位置)が悪く、大工職人の技術経
    >>詳しく見る