• HOME
  • 0から1への挑戦

冬暖かく夏涼しい断熱リフォーム物語②


page_3.jpg

既存住宅が暖かくならない原因ははっきりしています。
室蘭工業大学の鎌田紀彦特任教授がその原因を調べ
対策を研究し実践してできた会が、NPO新住協。
この会に弊社も加入して勉強しおりますが、そのメリットを痛感したのが
東日本大震災でした。
我が家はオール電化住宅ですが、無暖房でも夜15℃を切ることはありませんでした。
日中太陽がでると25℃まで室内温度が上昇しました。
介護の必要な母が生きていましたが、少し多めに服を着せてしのげる暖かさでした。
現在技術的には、リフォームでも新築同様に高断熱高気密住宅を建てることはできます。
これから、少しずつリフォームでは難しいという思い込みをほぐしていきたいと思います。
つづく・・・

冬暖かく夏涼しい断熱リフォーム物語①


page_1.jpg
10月となり日増しに寒さを感じるようになってきましたね。
9月下旬から10月は稲刈りのシーズンで、農家さんの繁忙期になります。
稲刈りも終わりひと息ついて思い出すのが、冬の自宅の寒さです。
北上地方はサラリーマンとの兼業農家が多く、
稲刈りが終わるまでは住まいには意識が回らないのだと思います。
しかし気が付くと冬の準備をしなけらばならず、今年の残りも3カ月です。
そこでリフォームする上で重要な断熱についてしばらく書いていきます。
絆すてーしょんは、新住協(新木造住宅技術研究協議会)に入り断熱の勉強をしておりますので
ここで発行しているマンガを参考にしながら情報をアップして参ります。



教科書を信じない!

  • 投稿日:2018年 10月 2日
  • テーマ:その他

42985513_961697210683305_1492358211733291008_n.jpg
今朝のテレビ報道は、ノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった京都大の本庶佑ほんじょたすく特別教授(76)についてのニュースが多く朝から気分がよい。
本庶さんが若い人へのメッセージの中で
「教科書を信じない常に疑いを持って
本当はどうなっているのだろかという心を大切に」と述べた。
化学全盛の時代となり、目に見えないものや直観を信じない風潮になってきていると思う。
皆が言う道が正しいのだろうか?
教科書に乗っているから正しいのだろうか?
最後は自分の直観を信じることが大切だと近頃特にそう思う。
すべては自分を信じることから始まる。





1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

  • 冬暖かく夏涼しい断熱リフォーム物語②

  • 既存住宅が暖かくならない原因ははっきりしています。室蘭工業大学の鎌田紀彦特任教授がその原因を調べ対策を研究し実践してできた会が、NPO新住協。この会に弊社も加入して勉強しおりますが、
    >>詳しく見る

夢を叶えるマイスター

  • 外装事業部 大型の雪止めお問い合わせ

  • 絆すてーしょん 外装事業部の高橋です。先日お問い合わせで屋根に雪止めを増やして欲しいというお問い合わせがありました。北上市は例年、雪がどっさりと降ることがあります。今現在付いているの
    >>詳しく見る