• HOME
  • 0から1への挑戦

注文のやんべな料理店(その1)


72365998_2592470230819558_517393411406299136_n.jpg
岩手の方言で「やんべな」という言葉があります。

意味は、よい塩梅に、適当にということになります。

10月17日(木)一日限定の「注文のやんべな料理店」に行ってきました。

これは「注文をまちがえる料理店」の地方バージョンになります。

「注文のやんべな料理店」とは オーダーや配膳をまちがえてしまうかもしれないレストランです。

なぜならホールで働くスタッフは「認知症」の方々だからです。

「間違う」ことを受け入れ、お客様側も楽しむために来店している

というコンセプトのもと開催しているようです。

つづく・・・



アンチエイジング・ハウス「血圧と家には密接な関係」


kizuna4.jpg
人は気温が低いところにいると血管が縮み、
血の流れが悪くなるため血圧が上がります。

一般的に、夏より冬に血圧が高くなるのはそのためだ。
もちろん室内でも同じことが言えます。
ある調査によると、
70歳代のある男性の場合、室温5℃の自宅では血圧が164mmHgだったのに対し、
室温17℃の高断熱住宅では132mmHgだったという結果が出ています。

つまり室温をあたたかくすることが
血圧の上昇を抑える役割を果すことハッキリとしてます。

アンチエイジング・ハウス「脳血管疾患は高血圧から」


kizuna3.jpg
「平均寿命」に対して最近よく耳にするのが「健康寿命」。
実は日本では、この「不健康な期間」が男女の平均で10年近くあります。
「不健康な期間」を過ごす人とは、介護が必要な人でもあります。
要介護になる原因は様々ですが、主な原因は「認知症」と「脳卒中」になります。
最も重度な要介護5の場合、原因の約3割を「脳卒中」が占めており、
発症した場合はとても深刻な状態になります。

では脳卒中はなぜ起こるのでしょうか?
原因はいろいろありますが、
最大の危険因子は「高血圧」になります。
まずはこれを防ぐことが、要介護状態になってしまう
「不健康な期間」を縮めることになるのです。




1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

  • 注文のやんべな料理店(その1)

  • 岩手の方言で「やんべな」という言葉があります。 意味は、よい塩梅に、適当にということになります。10月17日(木)一日限定の「注文のやんべな料理店」に行ってきました。これは「注文をま
    >>詳しく見る

夢を叶えるマイスター

  • 今日のハガキ~お気に入り

  • こんにちわ。管理部石川利佳子です。お気に入りのハガキ。出したいけれど、手元に置いておきたくて大事にしていたハガキ。今日は思い切って書く!!ハガキにかかれた言葉の通り様々な ''つなが
    >>詳しく見る