木こりのジレンマ



job_kikori.png
ある旅人が森の中を歩いていると、
一人の木こりが一生懸命に木を切っていた。

旅人は、木こりが一所懸命切っている割には
木がなかなか切れないのを不思議に思って、
木こりののこぎりを見てみると、
随分と刃こぼれしているようだった。

そこで、
「木こりさん、そののこぎりは随分と
刃こぼれしているようだから、
ちょっと手を休めて、のこぎりの刃を
研ぎ直してから切ったらどうですか?」と言った。

木こりは
「忠告はありがたいが、
今、木を切るのに忙しくって
そんな暇はないんだ。」と言って、
ボロボロののこぎりで木を切り続けた。

私たちの仕事でもよくあることです。
本人はいたって真面目に、
愚直とも言えるほどに一生懸命頑張っているのに
勤勉さが仇になってしまっていることがあります。

目的を達成するために必要な
「刃を研ぐ」と言う本質的な改善に
手をつけることを朝礼で話しました。


絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ