農業は国の礎・食は命


20210227_ネコノテ_210302_28.jpg
2月27日(土)お昼にお客様をお呼びしての
ランチ会を開催しました。
コロナ禍でイベントを開催しても集客につながりません。
そこで考えたのが、OBのお客様をお呼びしてのランチ会。
一組のご家族様をお呼びしての初の試みです。
ランチを作るのは料理人ではなく農家のお嫁さん。
つまり生産農家の思いを聞きながら楽しんでいただく企画です。
今回の生産者は河内山可奈さん。
https://www.instagram.com/satoyama_tambo/
インスタグラムを使って日常の様子をアップしております。
今回利用した場所はNECONOTE (ねこのて)。
https://kitakami-shigotonin.com/news-event/nekonote-cf/
地元の若い二人がクラウドファンディングを利用して立ち上げたキッチンです。

今回のお客様はその立役者の一人高橋典男さんのご家族です。
彼は普段このキッチンの運営側に回っておりますが
たまには利用者として体験するのもよいのではと思いお誘いしました。

今回の料理は「玄米」です。
普段主食としている「お米」、特にも「玄米」に焦点を当てて
お料理を準備していただきました。
河内山可奈さんが生産するお米は、合鴨農法で無農薬、更には天日干し。
現代では貴重な食材ともいえるものです。
20210227_ネコノテ_210302_6.jpg
この玄米を使った料理が本日のメイン料理です。
寝かせ玄米と玄米餅が主食で
自分で作ったこんにゃく、みそ、
自分で育てている鶏の玉子と肉を使った料理が副食です。
これは普段河内山家で食べている家庭料理になります。

しかしながら生産者の思いを聞きながらの食事は
食事のありがたさに改めて気づく機会ともなりました。

この会場を造ったコンセプトの一つに
「生産者と消費者をつなげる」があります。

日本ではお金を出せばいつでも食事ができる現代、
食とは生きることの根源であることを
次世代に伝えないと日本の未来はありません。
農業は国の礎
食は命

そんなことを学んだ週末イベントでした。








おせっかい達人誕生

  • 投稿日:2021年 2月24日
  • テーマ:

22068.jpg
私が理事長を務める(一社)日本おせっかい達人協会。
本日





NZ地震から10年

  • 投稿日:2021年 2月23日
  • テーマ:その他

153471803_5120195154688299_8557430600446339907_n.jpg
本日の岩手日報にニュージーランド地震から10年の記事が載っていた。
犠牲になった早坂美紀さんの父七郎(80歳)さんのコメントが載っている。
早坂七郎さんは、かつて黒沢尻北高校の陸上競技部顧問。
私が高校1年生の時に教えていただいた恩である。

地震が起きたのは2011年2月22日。
即現地に向かうが行方が分からず3月上旬に一旦帰国。
3月10日に遺体発見の知らせが届き
翌11日午後6時に日本を立とうとした矢先に
東日本大震災が起き全てがストップ。
なんとか現地に着いたのは知らせから
一週間後・・・

10年が経ち事故については私たちの記憶が次第に薄れてきている。
当時もその後起きた東日本大震災で霞んでしまっていた。

本日の記事から、先生が娘の遺体を探すために
知らない異国で苦労したことが垣間見える。

身近な人の死を思うと
遠くで起きた災害であっても心が締め付けられる。

災害は必ずやってくると肝に銘じ
我が家の非常用袋を確かめてみる。
合掌






1  2  3  4  5  6  7  8  9
採用情報

絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ
採用情報