ユーは何しにスリランカに(その7)

  • 投稿日:2019年 5月31日
  • テーマ:

IMG_20190203_103841.jpg
日本が戦後初めて正式な国交を結んだ国は、スリランカです。
後にそのスリランカの大統領となったジャヤワルダナ氏は、
遺言に次のような一文を書き残しています。

「自分はこれからもスリランカと日本という
二つの国の行く末を見守りたい。
だから、二つの目の角膜の一つをスリランカ人に、
もう一つを日本人に移植してほしい」

この遺言どおり、片目の角膜は群馬県に住む女性に移植されました。
後に国内で初めて角膜移植を推進する団体が生まれたのも、
もとを辿れば彼のおかげなのです。

日本の大恩人・ジャヤワルナダ氏は
今の日本を観てどう思うのでしょうか?

ご恩を忘れた民族に未来はあるのでしょうか?




ユーは何しにスリランカに(その6)

  • 投稿日:2019年 5月30日
  • テーマ:その他

IMG_20190203_103531.jpg
「J.R.ジャヤワルダナセンター」のお話しの続きです。
閉館日にも関わらず、センターを開けていただき見学した私たち一行。
見学後はこのセンターの裏にある
「JAPANESE MUSEUM」も解放してくださいました。
中に入ると、日本の皇族と交流した際の写真や贈り物がありました。
IMG_20190203_104036.jpg
この写真はまだ皇太子時代の明仁親王と美智子様
そしてジャヤワルナダ大統領が映ったものです。
昭和天皇との写真もあり、
いかに皇族の皆様がジャヤワルナダさんと
懇意にお付き合いしていたかが伝わってきます。

私は日本に帰国後このミュージアムはについて調べました。
実はこのミュージアムは日本人にしか
見せない施設であることを知りました。

休館日にも関わらず、センターとミュージアムを
解放していただいた私たち一行!

不思議なことが起こるスリランカの旅でした。






顧客目線のリノベーション


61145576_471870040219561_2421973689332400128_n.jpg
先日取引先の社長から本をご紹介いただいた。
「徹底的に考えてリノベをしたら、みんなに伝えたくなった50のこと」
ダイヤモンド出版 ちきりん著
著者のちきりんさんが、自宅マンションをリノベーションした過程で
施主の立場から感じた事をまとめた本である。
紹介してくれた社長は、
「これまで完全なる顧客目線で書いた本はないと思う」
私に紹介してくれた。
読んでみて基本的には、都会のマンションリノベーションに
ついて書かれています。
実はマンションのリノベーションには多くの制約があり
このことを施主様自身が分かっていません。
【マンションはスケルトンにすると何でもできる!】
などという根拠なき常識が巷に蔓延しています。
私たち施工業者の立場から読んでも
「そうそう!そこをお客さまに分かって欲しい!」
と共感する内容の本でした。

リノベーション(大型改修工事)は
施主様と建築業者が共に創出した価値を分け合う
共同プロジェクトである

単なる物の販売であれば等価な価値を
売り手と買い手が交換するのですが、
コトを売るリノベーションでは
共に創り上げるということに
共感した私でした。

1  2  3  4  5  6  7

  • 2000万円節約するリフォーム【ソーラーモード】

  • 再生可能エネルギーとして注目を集めている太陽光発電。住宅用太陽光発電設備の普及とともに2009年に開始された余剰電力の買取制度が2019年以降、順次満了を迎えます。あるお客様から問い
    >>詳しく見る

夢を叶えるマイスター

  • 手が真っ白くなった・・・壁

  • 外装事業部の高橋です。本日は外壁から屋根まで調査、診断でお邪魔しております。お客様のお困りは一番は屋根。かなり前から塗り替えをしていないこともあり、又、錆がどんどん増えて来てるんじゃ
    >>詳しく見る