大相撲・錦木塚右エ門 (初代)1

  • 投稿日:2018年 11月30日
  • テーマ:その他

gunemon-thumb-403x500-2348.jpg
錦木というしこ名は盛岡藩お抱え力士が代々名乗った名前である。
ところで最初に錦木を名乗ったのは、二所ノ関部屋の開祖である
大関二所ノ関軍右衛門(1760~1823)になります。
この初代は北上市黒岩の出身で名を小田島音蔵と言います。
四股名を錦木塚右衛門として文化元年(1804)に江戸相撲の最高位の大関に就きます。
年二場所、一開催10~13日の当時、体重109Kgの錦木は、幕内を24場所務め60勝しています。
引退後、初代二所ノ関軍右衛門を名のり多くの弟子を育成しました。
なかでも、甥の小田島音吉(1790~1832)四賀峯音吉は、八戸藩お抱えの大関を10場所務めています。
写真の化粧まわしには、盛岡藩のお抱えを示す違い菱の印紋があしらわれています。
明日は、北上市出身の小田島音蔵について書きます。
つづく・・・

大相撲・錦木関(その4)四股名

  • 投稿日:2018年 11月29日
  • テーマ:その他

大相撲で活躍する錦木徹也関。
この四股名は、南部藩お抱え力士が代々使った名前です。
・錦木塚右エ門 (初代) 伊勢ノ海部屋 大関
・錦木塚五郎(初代) 二所ノ関部屋 小結
・錦木繁之助(錦木盤之助)雷部屋 関脇 埼玉県出身だが盛岡藩お抱えになり改名
・錦木塚五郎(2代)二所ノ関部屋 小結 
・錦木塚右エ門(2代)二所ノ関部屋 前頭筆頭
・錦木繁之助 竹縄部屋 十両筆頭 香川県出身だが盛岡藩お抱えになり改名
・錦木徹也 伊勢ノ海部屋 東前頭三枚目

昔は横綱という番付がなく大関が一番上となります。
錦木を名乗った力士には強い人が多くいて
現在の錦木徹也関にも頑張って欲しいものですね!



    大相撲・錦木関(その3)金星獲得!

    • 投稿日:2018年 11月28日
    • テーマ:その他

    img_39e4abdfb05bb77cac98d1ef7493322229916.jpg
    この11月場所に東前頭3枚目で勝ち越しできたのには理由があります。
    それは稽古がしっかりとできたこと!
    それでは稽古ができたのでしょうか?
    それは守るべき人ができたからですね。
    お幸せに!

    (日刊スポーツより)
    錦木(28=伊勢ノ海)が10月29日、福岡市の部屋で結婚を発表した。
    相手は都内在住で会社員の桃代さん(34=旧姓斎藤)。
    11月に誕生日を迎える7歳上の170センチ近い健康美人で、
    秋場所後の9月25日に東京・文京区役所に婚姻届を提出。
    幕下時代の7年前に部屋のパーティーで知り合い、約6年半の交際を経て、
    今年のバレンタインデーに「結婚してください」とプロポーズ。
    「ずっと支えてくれそうだと思った。2人で頑張りたい」と力を込めた。
    1人で取材に応じたが、写真は公開せず似顔絵を描いた。
    横綱戦が予想される幕内上位に初めて名を連ねる中、
    私生活で一足早く金星を獲得。「相撲でも金星を狙いたい」と力説した。



    1  2  3  4  5  6  7

    • 錦木塚の伝説

    • 大相撲の四股名・錦木を名乗った初代は錦木塚右衛門(本名:小田島音蔵)と言います。この錦木塚という名前の由来については北上史談会等では特に資料や証拠がありませんが、私が勝手に妄想するに
      >>詳しく見る

    夢を叶えるマイスター

    • 学校施設の工事 続きです。

    • 絆すてーしょん 外装事業部の高橋です。前回より続いています、学校施設の庇の改修工事です。今回はウレタン防水下塗りをしています。この作業によってコンクリート庇に防水の処理で水が入らない
      >>詳しく見る