本「モモ」、えんでないかい!


ende.jpg
新型コロナウィルス感染症の猛威が止まりません。
一刻も早い収束を願うばかかりです。
年度末の本日は、各金融機関は企業の資金繰りを支援するための
債務の条件変更・新規融資などでパニックのようです。
私も経営者として、3月上旬に各金融機関と相談し
既に借り換え等の手続きを終えてホッと一息ついております。
さてお金に関する問題は、現代において常に頭の痛いものです。
24時間お金のことを考えているといっても過言ではありません。
そこで以前から気になっていた本を読むことにしました。
ミヒャエル・エンデ著「モモ」です。
昨年話題になったMMT(現代貨幣理論)から
「お金とはなにか?」に興味を持つようになった私。

平和な日々が続いていたモモの世界に、「時間泥棒」が登場し、
一気に暗雲が垂れ込めます。
時間泥棒は、人々に時間の節約を求め、
余らせた時間を奪って「時間貯蓄銀行」に貯めていきます。
そして、それまで自分らしく生きていた人たちが、
時間に追われるあまり自分の姿を見失い、モモのもとを離れていきます。

私たちはお金を借りると金利を払わないといけません。
年間に2%の利息を支払う約束をすると
1年間に2%余計に働かないと返すことができません。
つまり2%もの時間が奪われることになるのです。

私自身も銀行から多額の融資を受けておりますので
金利と元金を毎月支払うために必死になって働いています。
お金を借りれば借りるほど、自分の時間がなくなるのです。

この「モモ」を読むと、自分の生活と重なります。
本来幸せになるために働いているのに
どんどん幸せから離れていく・・・

利息の付かないお金
逆に時間とともに価値の減るお金
地域通貨
MMT など

今回の新型コロナウィルス感染症により
経済の血液ともいえるお金が流れない状況をみて、
改めて「お金とはなにか?」を考えされられています。









目に見えない敵


巷では新型コロナウィルス感染症の話題で持ち切りですね。
目に見えないウィルスとの闘いは、収束に時間が掛かると思われます。

さて昨日北上市議会選挙の告示がされ定数26人に
候補者26人となり、無投票での当選となりました。
私は同級生が立候補したので後援会長として
後方支援をしてきました。

初めて選挙に深く関わりを持ちましたが
一言感想を述べると
ライバルに負けた訳ではありませんが
敗北感だけが残りました。

先行き不安な時代が問題なのではありません。
現在の課題にどう対処するのか
未来の社会をどう創りたいのかに対し
無関心な人が多いことが問題なのです。

このことを候補者が訴えたのは僅か一日だけ!

一人でも傍観者を減らし
皆が意見を発言できる社会が
未来を切り開くカギだと考えておりました。

無関心という目に見えない敵が
この日本に大きく蔓延していることを
痛切に実感。

この経験から、
見て見ぬ振りをしない人
つまりおせっかいの達人
増やすことが私の至上命題だと
ハッキリしました。





世界の問題の多くは「年老いた男性が道を開けない」せい


_91-6162.jpg
2019年12月19日

アメリカ前大統領のバラク・オバマ氏は、
世界の問題の多くは「年老いた男性が道を開けない」せいだと、
シンガポールで開催されたリーダーシップに関するイベントで語ったと
BBCアジアが報じた。

公職や政界に戻ることは考えていないのかと聞かれたオバマ氏は、
若い世代のリーダーたちにバトンを渡すことが重要だと考えていると強調した。

私はこのニュースを聞いて
自分のことを振りかえってみた。
58歳、決して若くはない。
私は老害になっていないだろうか?

アメリカでは、2020年の大統領選に向けて
民主党の候補指名獲得を目指す最有力候補のうち3人が70代だ。

片やフィンランドでは史上最年少34歳の女性首相が誕生している。

日本とアメリカの問題は、年老いた男性が退かないのが原因である。
今月末に市議会選挙があるが
とかく面白いことが水面下で起きている。
人もお金も「未来への投資」と考えれば
自ずと結果はみえてくる。






1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ