#謝謝台湾

  • 投稿日:2021年 10月31日
  • テーマ:理念

248372586_1630966343919897_3375983193285737263_n.jpg

東日本大震災から10年が経過し、私の中でも次第に記憶が
風化されてきていることを痛感しております。
しかしながら全国からの支援や、海外からの応援に対するご恩を
忘れることはできませんね。
特に世界で一番の義援金を送ってくれた台湾へは、
感謝してもしきれない程の恩義を感じております。
その一例をご紹介いたします。

先日10月29日、福島県の南相馬市社会福祉協議会さんへ行ってきました。
私が探していた自転車があるという情報を得たので、その確認と当時のお話を聞いてきました。

この自転車は東日本大震災が起きた翌月4月、台湾の自転車メーカー・ジャイアントが
被災地に届けたマウンテンバイク千台の中の一台になります。
対応してくださった協議会の常務理事のお話しでは、
当時は安否確認や避難所のニーズや情報収取に活躍したようです。

当初は30台ほどあったバイクは様々なボランティアやNPO団体にも貸出し、
5年程前には15台が帰ってきましたが使用できなくなったものは廃棄し、
現在では2台が残っているだけだと言います。
数が少ないのはそれだけ被災地で利用された証拠であると考えます。

ジャイアントさんは、ガソリンも不足していた被災地のことを考え、
特別仕様車をわざわざラインを開けて製造し社員が直接届けたこと知り、
本当に有難いことだと感じました。

この事実を多くの日本人は知りません。きっと被災地でも

このプロジェクトの全体像を把握する余裕もなかったと言えます。

決して報いを求めない台湾からの支援の在り方は、

後藤新平の「自治三訣」の教えが今でも台湾の人々に残っている証でしょう。

台湾から学ぶ「日本精神(リップンチェンシン)」!

 ありがとうジャイアント!ありがとう台湾!

 代表取締役 石川シュウジ



恥ずかしい思い出

  • 投稿日:2021年 10月30日
  • テーマ:理念

249447384_579985459914324_8495317633764642503_n.jpg

11月30日(土)、北上市青柳町に新しいスポーツ店がオープンしました。
お隣の奥州市江刺に本店を置く井上スポーツさんの北上店という位置づけになります。
北上市内には、スポーツ用品店が少なかったので嬉しいですね。

井上スポーツのオーナー井上ケンジさんとは、かつてソフトボールではライバルとして
戦った仲ですのでスポーツソックスを購入しながら激励してきました。

井之さんが「石川さんが、私たちのチームに火を着けてくれましたね!
悔しかったことを今でも覚えていますよ!」と、懐かしい話を持ち出してきます。

今から35年以上前のことです。私の所属する北上クラブと
井上さんの所属するラガーズが対戦したことがあります。
私はピッチャーとしてバッターに投球し、審判が「ストライク!」とコール。
この判定に対してバッターが審判に「ボールだろう?」と不服な態度を取ります。
これをみた私が「つべこべ言うな!次はド真ん中を投げるので打ってみろ!」と一喝したというのです。
結局試合は北上クラブの圧勝となった思い出ですが、

井上さんは会うたびにこの話を持ち出します。

弱いチームは、ライバルではなく環境に対しても不平不満を

言います。強いチームは目の前のライバルに集中します。

更に周囲の環境さえも自分たちに有利になるよう配慮するもの

です 北上クラブは朝一番にグランドに入り、グランド整備の

お手伝いをして子供たちの模範となることを意識していました。

 井上さん、互いに強いチームを一緒に作りましょうね!

     代表取締役 石川シュウジ



相馬のはらこ飯

  • 投稿日:2021年 10月29日
  • テーマ:

247621327_626418631687452_4043512137319392831_n (1).jpg

本日は南相馬市まで行ってきました。東日本大震災の際に台湾の自転車メーカー・
ジャイアントが、マウンテンバイク1000台を被災地に届けてくれたことがありました。

丁度震災から10年が経ち、その自転車が南相馬にあるという情報を得たので
実物を確認するために行ってきました。この件については後日詳しく報告いたします。

さて自転車の確認を終え南相馬市からの帰路、途中相馬市の松川浦を目指します。
目的は「はらこ飯」を食べるためです。松川浦に行ったのは大学生時代ですので、
あれこれ35年以上前のことになります。
曖昧な記憶をたどりながら松川浦沿いを走り食堂を探します。
すると「はらこ飯」のぼりを発見!その食堂に入ることにします。
名前を旭亭さんといいます。

早速入るとテーブルの目立つところに「はらこ飯定食 1770円」とありますので、
即注文!約10分ほどで、目に鮮やかないくらが飛び込んできます。

一口食べると、シャケの炊き込みご飯も美味しいく

あっという間に完食です!

女将さんに話を聞くと、風評被害にシャケの不漁も続き

合わせて新型コロナの影響も重なり、客足はさっぱりとの

ことでした。
しかしながら昔からの風物詩をなくしてはけないと

頑張って営業しているようです。

是非とも福島産の水産物や農産物を食べて応援しましょう!

     代表取締役 石川シュウジ



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
採用情報

絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ
採用情報