「気流止め」とは


48056374_361287837750786_2395235641014091776_n.jpg
住宅のリフォーム工事をする際に、既存の壁床天井の断熱材を取り換える場合があります。
特に壁は高性能のグラスウールに取替ますが、忘れてならないものがあります。
それは「気流止め」です。写真では床合板と外壁に挟まれて潰れている赤いものがそれに当たります。
どんなに高性能な断熱材を使っても壁の中を冷気が走るようでは効果がないのです。
この「気流止め」は既存の壁の上下を切り取り施工するだけで、既存のグラスウールの本来の性能を引き出すことができる優れものです。
高断熱高気密住宅でなくても十分に断熱材の性能を発揮させることで、住環境は格段に過ごしやすくなるものです。



冬の風呂場に要注意!急死の危険「ヒートショック」


ScreenClip-2-1140x898.png
日本の全死亡者の3割は脳卒中や心疾患等の血管系の病気で亡くなっているというデータがありますが、その要因の1つが「ヒートショック」だと言われています。
ヒートショックとは、家の中の急激な温度差がもたらす身体への悪影響のことです。
冬になると入浴中の溺死やトイレで突然死といった高齢者の死亡事故に関する注意喚起が盛んになりますが、これらもヒートショックの一例です。
上のグラフを見ても分かるように、高齢者の浴槽での溺死が世界で最も多いのが日本です。諸外国と比較すると溺死者の割合は数十倍に及びます。
これは暖房器具と住まいの断熱性能の差による暮らし方が大きく影響しています。

心疾患における冬の死亡率の増加


断熱性能.png

心疾患における死亡率は冬になると増加いたします。これを自宅と病院で比較すると12月から2月の厳冬期での差が大きくなっています。これは自宅と病院の室温の差に比例しています。
病院の方が全館暖房で暖かいのは皆さまご承知のことでしょう。
暖房機の性能の差もありますが、断熱性能の差が大きく影響しているのです。



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

  • 錦木塚の伝説

  • 大相撲の四股名・錦木を名乗った初代は錦木塚右衛門(本名:小田島音蔵)と言います。この錦木塚という名前の由来については北上史談会等では特に資料や証拠がありませんが、私が勝手に妄想するに
    >>詳しく見る

夢を叶えるマイスター

  • 学校施設の工事 続きです。

  • 絆すてーしょん 外装事業部の高橋です。前回より続いています、学校施設の庇の改修工事です。今回はウレタン防水下塗りをしています。この作業によってコンクリート庇に防水の処理で水が入らない
    >>詳しく見る