愛妻の日

  • 投稿日:2017年 1月31日
  • テーマ:その他

wife.jpg
1月31日は「愛妻の日」です。
日本愛妻家協会の調査員の私は今回インフルエンザでダウン!
我が家で愛妻のもとで看病されております。
ありがたや!ありがたや!

鬼のかく乱

  • 投稿日:2017年 1月30日
  • テーマ:その他

昨晩は身体がだるく、節々が痛く眠れない夜でした。
今朝は早速地元の立正堂医院さんに行き診察を受けてきました。
受付で体温を計ったら38.5度!
多分インフルエンザかもしれないと個室に隔離され待機。
診察の結果はインフエンザA型と!
inabiru.jpg
初めてイナビルなる薬を処方され、お隣の薬局から薬剤師が来て
その場で吸入の仕方を教えて頂きながら吸引してみる!
余りにも強く吸ったからなのか、粉状の薬が喉でむせる感じがして
くしゃみが出そうになる。そこをグッと我慢!
思わず薬剤師さんの顔に吹き出すところだった・・・
加減をしらない男は困ったものである。

ともあれあとは自宅に帰り寝るしかない!

久々にインフルエンザにかかったが、年々節々が痛く苦しいと感じる。
(来年は予防接種するぞ!という自戒をこめて)




「称号」を与える

  • 投稿日:2017年 1月28日
  • テーマ:

16357808_1251913391554779_1625167336_o.jpg
この「手紙屋」はこれまで何度も繰り返し読んでいるが、読む度にその時々のアンテナに引っかかってくるものがある。
今回は「人は相手に称号を与えたがる」という一文だ。
(引用)
この称号とは、どちらかといえば日本人はその人の悪い面だけを見て
「あいつは〇〇なやつ!」と付けたがる。
ごくまれに、自分が持っていないけれども、与えられると嬉しい称号を与えてくれる人がいます。
世の中で"偉人"と呼ばれる人を育てた母親です。母親でない場合もありますが、
とにかくその偉人を育てた人になります。
 偉人と呼ばれる人々には、ある共通点があります。誰もが素晴らしい才能を持っていたように思われがちですが、実はそうではありません。素晴らしい才能とは世の中のすべての人が持っているものです。
 ではいったい何でしょうか?
 実は、偉人として成功する前から、"将来成功する"という称号を与えられて育ったということなのです。
 それは、母親、父親、周囲にいた大人、場合によっては自分で選んだ師匠からかもしれません。
とにかく周囲の誰がなんと言おうと、「おまえは、将来世の中の多くの人のためになる素晴らしい才能を持っているんだよ」という称号を与えられて育っているんです。そうして事実、そうなっていきました。与えられた称号どおりになったわけです。

会社や組織でも、与えられると嬉しい称号を与えてみませんか!「




1  2  3  4  5  6  7  8

  • どうして自己肯定感が低くなるの??

  • 自己肯定感が低くなるのは、親の影響が大きいのです。 それは、決して親が悪くて、親に責任があるわけではないということをお話しします。 私たち大人はついつい社会での価値基準で子どもを評価
    >>詳しく見る

夢を叶えるマイスター

  • 平葺き屋根の塗装完成です。

  • 絆すてーしょん 外装事業部の高橋です。平葺き屋根の塗装が完了です。今回のお客様の屋根は面積も多く、年数もかなり経過していた屋根でした。職人の極め細かな下地処理(ケレン古塗膜落とし)の
    >>詳しく見る