大相撲・錦木関(その1)

  • 投稿日:2018年 11月26日
  • テーマ:その他


20060025.jpg
平成三十年十一月場所 が終わり、岩手出身の錦木関は
東前頭三枚目で8勝7敗の成績で終わりました。
この地位で勝ち越したことは素晴らしい結果だと思います。
振り返ると千秋楽の相手は 貴景勝関。
全国の注目が集まるこの一戦に残念ながら負けてしまいました。
私と妻は9勝するともしかして三役もありえるかもしれないと
テレビの前で応援したものです。
来年の一月場所は三役を狙う重要な場所になりますので
私たち夫婦は今から力が入っております。
私たち夫婦が錦木を応援するのは岩手県出身の力士だかから。
実はそれだけではありません。
続きはまた・・・

  • 錦木塚の伝説

  • 大相撲の四股名・錦木を名乗った初代は錦木塚右衛門(本名:小田島音蔵)と言います。この錦木塚という名前の由来については北上史談会等では特に資料や証拠がありませんが、私が勝手に妄想するに
    >>詳しく見る

夢を叶えるマイスター

  • 外装部分修繕 お問い合わせ!

  • 絆すてーしょん 外装事業部の髙橋です。先日お問い合わせ頂いたお客様を訪問しました。外装表面塗膜が落ちていました。この部分に雪が留まり、常に水分がある状態で凍害になる状況のようです。何
    >>詳しく見る