大相撲・錦木塚右エ門 (初代)1

  • 投稿日:2018年 11月30日
  • テーマ:その他


gunemon-thumb-403x500-2348.jpg
錦木というしこ名は盛岡藩お抱え力士が代々名乗った名前である。
ところで最初に錦木を名乗ったのは、二所ノ関部屋の開祖である
大関二所ノ関軍右衛門(1760~1823)になります。
この初代は北上市黒岩の出身で名を小田島音蔵と言います。
四股名を錦木塚右衛門として文化元年(1804)に江戸相撲の最高位の大関に就きます。
年二場所、一開催10~13日の当時、体重109Kgの錦木は、幕内を24場所務め60勝しています。
引退後、初代二所ノ関軍右衛門を名のり多くの弟子を育成しました。
なかでも、甥の小田島音吉(1790~1832)四賀峯音吉は、八戸藩お抱えの大関を10場所務めています。
写真の化粧まわしには、盛岡藩のお抱えを示す違い菱の印紋があしらわれています。
明日は、北上市出身の小田島音蔵について書きます。
つづく・・・

  • 大相撲・錦木塚右エ門 (初代)2

  • 北上史談会「北上の先人」によると、1761年に和賀郡黒岩村万内(北上市黒岩)に一人の怪童が誕生したある。成長とともにその怪力ぶりが南部公の認めるところとなりそのお抱え力士となった。2
    >>詳しく見る

夢を叶えるマイスター

  • 外装事業部 学校施設の工事

  • 絆すてーしょん 外装事業部の高橋です。本日から小学校の居室前外部の庇の改修工事をさせて頂きます。コンクリート庇を改修して防水工事をしていきます。かなり年数経過で破損、亀裂があるようで
    >>詳しく見る