「なんくるないさ」

  • 投稿日:2019年 2月 4日
  • テーマ:その他


沖縄の代表的な方言といえば「
なんくるないさ」をすぐに思い出します。

なんとかなるさ、気軽に考えよう、take it easy

という南国的な楽観論を表す言葉だと思っていたら

「挫けずに正しい道を歩むべく努力すれば、いつか良い日が来る」
という深い意味があるらしいのです。

沖縄では年に何回か台風がやってくる。

自然の猛威の前では人間なんて無力だ。

だけど、正しく生きてさえいればきっと道は開ける

という感じでしょうか。

人生、晴れたり曇ったり、ときどき暴風雨。

だけど、そのたびに生き方や信念を変えてはいけない。

自分の信じる正しい道を胸を張った歩いて行こう。

沖縄の苦難の歴史を考えると

「なんくるないさ」のもつ言葉の深みや

重さを改めて感じるのです。


  • 錯覚した時代「平成」

  •  上のグラフは朝日新聞社が3月中旬から4月下旬に、平成の時代認識を全国世論調査(郵送)しまとめたものである。インターネットの発達で日本社会は「よくなった」が35%、「悪くなった」は3
    >>詳しく見る

夢を叶えるマイスター

  • 浴室工事が完成しました。

  • 夢を叶えるマイスターの高橋です。本日、システムバス(ユニット)が完成しました。タカラの浴室になります。壁はホーローで傷や汚れが付きにくく、お掃除が簡単になります。お風呂全体が保温材に
    >>詳しく見る