「なんくるないさ」

  • 投稿日:2019年 2月 4日
  • テーマ:その他


沖縄の代表的な方言といえば「
なんくるないさ」をすぐに思い出します。

なんとかなるさ、気軽に考えよう、take it easy

という南国的な楽観論を表す言葉だと思っていたら

「挫けずに正しい道を歩むべく努力すれば、いつか良い日が来る」
という深い意味があるらしいのです。

沖縄では年に何回か台風がやってくる。

自然の猛威の前では人間なんて無力だ。

だけど、正しく生きてさえいればきっと道は開ける

という感じでしょうか。

人生、晴れたり曇ったり、ときどき暴風雨。

だけど、そのたびに生き方や信念を変えてはいけない。

自分の信じる正しい道を胸を張った歩いて行こう。

沖縄の苦難の歴史を考えると

「なんくるないさ」のもつ言葉の深みや

重さを改めて感じるのです。


  • 魚の世界

  • 確か、さかなクンが語っていたと思うのですが、 魚の世界でもいじめはあるのだそうです。 広い海の中にいるときには、みんな助けあって暮らしている。 ところが狭い水槽にいれるといじめが始ま
    >>詳しく見る

夢を叶えるマイスター

  • 外装事業部 雪止め現調

  • 外装事業部の高橋です。OBのお客様からのお問い合わせで現調しております。隣の方の敷地に雪が落ちてしまうという事で大型の雪止めを13台取り付けることでご注文頂きました。近隣の方への配慮
    >>詳しく見る