アンチエイジング・ハウス「血圧と家には密接な関係」



kizuna4.jpg
人は気温が低いところにいると血管が縮み、
血の流れが悪くなるため血圧が上がります。

一般的に、夏より冬に血圧が高くなるのはそのためだ。
もちろん室内でも同じことが言えます。
ある調査によると、
70歳代のある男性の場合、室温5℃の自宅では血圧が164mmHgだったのに対し、
室温17℃の高断熱住宅では132mmHgだったという結果が出ています。

つまり室温をあたたかくすることが
血圧の上昇を抑える役割を果すことハッキリとしてます。

絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ