後藤新平に学ぶ



93010410_3403576259674110_4761935085521862656_o.jpg
2020年4月12日(日)読売新聞
「地球を読む」に「後藤新平に学ぶ」と題して、
国際協力機構理事長・北岡信一氏が投稿している。

後藤新平は大風呂敷とのあだ名があったが、
実は彼の特色は地域状況の徹底した調査にあったことが書かれている。

お医者さんであったことから彼の発想には、
「生物学の原則」が常にあった。

特にも都市計画の第一人者である米コロンビア大学の
チャールズ・ビアード氏からは、「調査の政治家」と呼ばれている。
今の政治家に足りないのは、地域状況の徹底した調査にある。
国会でマスコミの情報をさも正しいこととして話す政治家があまりにも多い。
自分で調べた一次情報のみを信じ判断することは
いつの時代においても大切なことである。
残念なことは、後藤の正確な情報を誰も理解できなかったことにある。
後藤には「大風呂敷」という評価が終生ついてまわるが、
100年先が見えるので、世人の誤解、先輩の反対を受けると
自分でも言っており、
「遠眼鏡 一人で持てば 罪つくり」との歌も詠んでいるのも面白い。

採用情報

絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ
採用情報