陰翳礼讃



101262192_3037468783012671_9180446557445554176_o.jpg
谷崎潤一郎の随筆「陰翳礼讃」は
光と影を暮らしの中に巧みに取り込む
日本人の美意識を読み解いた名著として有名ですね。

今回は和室の改修工事。
あえて木部はそのまま残して床を
フローリングとしたものです。
この「茶と白」はテッパンの組合せです。

柱や長押等はペーパーをかけ
その後こげ茶(濃いめ)に着色。

天井と壁はクロス仕上げ。
床は
畳からフローリングに取替えして完成。
とても落ち着く空間となったのは、
日本人のDNAに刻まれた美意識でしょうかね!

絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ