室内(床・壁・天井)の表面温度を計る



138930456_403156687652177_3365245777388483794_n.jpg
先日、体感温度とは(壁・床・天井の平均温度+室温)÷2で
表せることをお伝えしました。
そこで我が家を実験台にして計測してみました。
138328344_198900795277012_5540368701856171857_n.jpg
非接触型の表面温度計を使い、家中の
床・壁・天井の表面を計ってみたのが
上の写真(間取り図と数値を記入)です。
LDKは、壁:21.4℃、天井:23.0℃、床22.1℃です。
LDKの室温は24℃、湿度は28%でした。
つまり体感温度は床・壁・天井の平均値22.2℃と
室温24℃を足して2で割ると23.1℃となります。
厳密には室内であっても風が動きますので
多少体感温度は変わりますが
概ねの数値として捉えてください。
間取り図の中で赤く枠取りした場所は
熱源のお湯を各部屋に送るポンプを
設置している階段下の物置になります。
この場所は我が家の中で一番暖かく
洗濯物がよく乾きます。

部屋ごとに体感温度が違うことは
生活してわかっていました。
今回初めて計測し
同じ建物の中で表面温度が違うことが
数字で見ることができました。
つまり今後の対策ができることになりますね。

断熱リフォームする前に一度計測してみると
我が家のどこを強化すればよいのか分かります。





採用情報

絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ
採用情報