悪意なき善意の怖さ

  • 投稿日:2019年 4月24日
  • テーマ:その他


interview_business_man.png
今週に入りある事件について私に聞きたいことがあると、
テレビ局や新聞記者からの相次いで電話での問い合わせがあった。

電話以外ではフェイスブックのメッセンジヤーを使って、
是非連絡が欲しいとのメッセージを残す者。
会社まで来て私が帰社するまで待たせて欲しいという者。
私の知人を通じて携帯に電話してくる者。
知人の会社に行き私を紹介して欲しいという者までいた。
私は会社のスタッフ全員にかん口令を敷き
社長不在とする。
私自身も知人からの着信であっても携帯電話にでないことにした。

私の知人たちも悪意がある訳では全くない。
記者やTV局からの取材や問い合わせを受けて
「ああ、石川さんなら知っているよ!」
といった軽い感じで紹介してきたに違いない。
全ては善意からの始まりである。
しかし田舎の良好な人間関係を悪用しようとする輩がいる。

田舎の人間はマスコミには弱い。
自分の人間関係が広いことをついつい話してしまう。
噂が噂を引き起こし最後には
「石川さん、なにかしたの?」となる。

ある記者が電話対応した妻に本音を話した。
「当事者の写真が欲しいんですが・・・」

善意を悪用する者がいることを
想像する力が必要である。

想像力なき善意は、悪用される。









  • 錯覚した時代「平成」

  •  上のグラフは朝日新聞社が3月中旬から4月下旬に、平成の時代認識を全国世論調査(郵送)しまとめたものである。インターネットの発達で日本社会は「よくなった」が35%、「悪くなった」は3
    >>詳しく見る

夢を叶えるマイスター

  • 浴室工事が完成しました。

  • 夢を叶えるマイスターの高橋です。本日、システムバス(ユニット)が完成しました。タカラの浴室になります。壁はホーローで傷や汚れが付きにくく、お掃除が簡単になります。お風呂全体が保温材に
    >>詳しく見る