錯覚した時代「平成」



jidai2.png
 
上のグラフは朝日新聞社が3月中旬から4月下旬に、
平成の時代認識を
全国世論調査(郵送)しまとめたものである。

インターネットの発達で日本社会は
「よくなった」が35%、
「悪くなった」は36%と二つに割れた。

人と人とのつながりや結びつきが
「希薄になった」は79%を占め、
「豊かになった」はわずか9%。

インターネットをどう見ているかによっって
結果が割れるのだと思います。

インターネットは、振り下ろすだけで願いが叶う
「打ち出の小槌」だと思っている人がいまだに多くいます。
単なる使いこなす技術が必要な「道具」なのです。

インターネットが関係する事件が起きるたびに、
ネットは主犯のように扱われます。
人と人とのつながりが希薄になったのも
ネットのせいではありません。

道具に罪はありません。罪は人が犯すのです。

目的と手段が逆転しているのです。

幸せになるための道具が

その道具を持てば幸せになると錯覚した時代なのです。



  • 人生と住まい

  • 長寿社会の新しい生き方を説いた世界的ベストセラー「LIFE SIFT」。この本では、人生が短かったころは余暇はもっぱらリラックスのために用いられてきた。しかし人生100年時代と長くな
    >>詳しく見る

夢を叶えるマイスター

  • 床改修工事 その2

  • 夢を叶えるマイスターの高橋です。昨日の床改修工事の続きです。既存の床をすべて撤去して床下地部分の製作をしております。現状の基礎部分や土台のレベル(平行な位置)が悪く、大工職人の技術経
    >>詳しく見る