住んではいけない住宅



image9.png

HHSRSとは

正式名は「The Housing Health and Safety Rating System」。

英国で開発された住宅の健康安全性評価システムになり、
イングランドとウェールズで住宅法の一部に盛り込まれています。

イングランドでは、この評価ツールを用いて住宅を評価した結果、
深刻なハザード(危険要因)が見つかった場合、
住宅の所有者に適切な措置を講じる義務が課せられます。
自治体が住宅の利用を差し止めることも可能です。
19℃以下は健康リスクがあると言われています。

昨日のブログでは日本の平均室内温度は12℃でした。
イギリスでは住んではいけない住宅とみなされます。

結論として残念ながら日本人は深刻な健康被害が出る温度帯で
暮らしている方が多い事が分かります。
これは多くの家庭で「省エネという我慢」を実践した結果でもあります。
特に高齢者は我慢する傾向にあります。

これでは、健康にいいとは言えませんね。


絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ