住まいの体験会開催しました!



86223925_2803808139712071_1805504857105235968_o.jpg
2月15日(土)、我が家を使った高断熱高気密住宅の体験会を開催。
例年一番寒さが厳しくなるはずの時期に企画しましたが
我が家の庭にも雪がなく少し拍子抜けした感じがします。
そうは言っても、岩手県北上市の冬ですので
外気温は5度くらいの寒さになります。
今回は3組のお客様が訪問してくださいました。
我が家は、平成20年7月に建築しましたのでもうすぐ築12年になります。
ツーバイフォー(2×4)構造で、高断熱高気密住宅になります。
在来木造住宅に比べてツーバイフォー住宅は
構造上高断熱高気密しやすいのがメリットです。
お客様の感想は
・玄関を開けると即暖かくホッとする
・各お部屋の温度差がなくどこにいても暖かい
・床暖房ですか?(無垢のフローリングです)
・1階20坪でも全く小ささを感じないですね
・無垢のフローリングが気持ち良い

私が驚いたのは、床暖房かと異口同音に口を開いたことです。
我が家の床はパイン材(松)になります。
柔らかく足腰に負担がない優しさが足裏から感じることができます。
当日日中太陽の光がフロアに当たると、その熱を吸収するので
皆様が床暖房だと思われたのでしょう!
絆すてーしょんでは、基本は無垢のフローリングをお客様に勧めます。
それは冬に足元の冷たさを軽減してくれるからです。
無垢材でも硬い木(チーク材など)は冷たく
柔らかい木(杉材など)は温かく感じます。

高断熱高気密という言葉は、最近は一段落して
かつての様にビルダーやお客様自身も騒がなくなりました。
それでは広くこの考え方が浸透したかといえば全く逆になっています。

今一度、私たち工務店もお客様も一緒になって
どうすれば温かい家になるのかを学ばないといけません。
温かい家は理論的に造ることができますので
工務店まかせにして、あとの祭りとならぬようにしてください。


絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ