経済政策は思想(人の考え方)次第!

  • 投稿日:2020年 12月20日
  • テーマ:その他 /


5115AF+VlDL._SY344_BO1,204,203,200_.jpg
中野剛史志氏著「目からウロコが落ちる奇跡の経済教室【戦略編】」
私自身、この30年程あまりなかなか商売が上手くいかないのは
全て社長である私の責任だと思ってきました。
もちろん企業経営は99%社長次第であることは
今も疑いのないことです。
しかしこの本を読み、いかに政治が間違っていたのか
私たち国民も洗脳されてきたのかが分かりました。
真面目な国民だからこそ陥る罠。

消費税の増税とは、財政健全化のため
次世代にツケを回さないため
国民に痛みの伴う改革だと思い
仕方が無く受け入れてきました。
乾いた雑巾から更に搾り取るような増税にも
次世代のために・・・
今年に入り、これに輪をかけたようなコロナ禍。
自粛と経済活動のはざまで揺れ、
荒波に放浪される私たち。
本来であれば、立ち止まって考えるできですが
今日をどう生きるかで精一杯。
国会は議論する場ではなく、
場当たり的な経済対策とコロナ対策を決めるだけ。

改めて、私たち国民がWithコロナ、
ポストコロナの時代を考える時です。
コロナ禍で将来が見えない時代だからこと
国民が議論して政治を動かす必要があります。

これまで信じてきた
・財政健全化は不可欠
・グローバル化は避けられない
・自由貿易でなければ、繁栄は望めない
・規制緩和で経済は成長する など

実は全て、富裕層、投資家、大手経営者にとって
都合がよいフェイク・ニュースなのです。

一度、中野剛志著「目からウロコが落ちる奇跡の経済教室【基礎編】」と
合わせてお読みください。
勘の良い中学生であれば、普通の善良な大人が
いかに不都合な真実に気が付いていないのかが
わかると思います。
「はだかの王様」だと口にするのは、純粋な子どもです。

この本が切っ掛かけとなり議論が始まり
人々の考え方(思想)が変化し
政治を動かすことで経済政策を動かす。

つまり民主政治を取り戻すことに他なりません。

コペルニクスに有罪が告げられ、
地動説を放棄する旨の異端誓絶文を読み上げた後
「それでも地球は回っている」とつぶやきました。











採用情報

絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ
採用情報