室温と体感温度の違い



体感温度.png

ここでは室温と体感温度の違い、輻射熱の影響についてご説明します。

人が暑いと感じたり、涼しいと感じたりするのは
室温のみに原因があると誤解されがちです。
しかし室温=体感温度ではないのです。
体感温度は、室温だけではなく身の回りの物体から放出される
輻射熱(赤外線)によっても大きく変化します。
例えば、断熱材の効いていないお部屋で
真冬にストーブを炊くと
ストーブに向いている顔やお腹側が暑いのですが
背中側や足元が寒く感じます。
これは背中側の壁と床の輻射熱で体感温度が下がるためです。

上の画像のように同じ室温20℃であっても
床・壁・天井面の温度(表面温度)の違いで
体感温度が変わってくるからです。

01-3_new01.png

これは、簡易的な体感温度の計算式ですが
この計算式にしたがうと、体感温度を上げためには
室温だけでなく、床・壁・天井面の温度を上げることが重要になります。

床・壁・天井面の温度を上げるためには
この構造体に蓄熱させる必要があります。

床・壁・天井面に熱を蓄えさせるためには、
住宅の「断熱」・「気密」が何よりも重要
なのです!


採用情報

絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ
採用情報