山でクマと遭遇か!?

  • 投稿日:2021年 9月26日
  • テーマ:その他


242919241_1031432117674668_257788304396573071_n (1).jpg
本日の日曜日は久々に我が家にいました。休日でも必ず会社に行き、
平日できない仕事を少しすることが習慣になってしまっている私には珍しいことです。

さて私の健康法に、自転車に乗り汗をかく方法があります。
今日は11時に自宅を出て湯田ダムに向かって出発。
ゆっくりしたスピードで37㎞を約2時間半ほどかけて乗ってきました。
現在国道107号線は、錦秋湖の道の駅から先は通行止めになっています。
そのために西和賀町や横手方面に行く車は、秋田自動車道を迂回することになります。
和賀町横川目付近から、道の駅までの約9㎞程は生活者だけが通る道となりますので、
ほとんど車の通らない自転車専用道みたいな状態でした。

仙人の当楽トンネルを抜けると、スノーシェードやトンネルの補修工事中の看板が
次々に見えますが、日曜日なので工事もお休みのようです。
たまにすれ違うのは道の駅でUターンする一般車両ばかり。
天気も良く静かなのですが、頭をよぎるのはクマの出没です。
茂みでガサゴソとなるとビックリしてしまいます。
出会いがしらでクマと遭遇するのが怖いので自転車のベルを鳴らし、
大声で歌いながら上っていくことにしました。

丁度カーブを曲がると片側通行の為に信号機が見えます。
近づくと動く物がみえたのでビックリ!

よくみると交通整理のガードマンでした。急に大声で歌って

いたのが恥ずかしくなりましたが、気を取り直して

「ご苦労様です!」と声を掛けます。そのガードマンは

笑いながら会釈してくれましたので、気まずい雰囲気に

ならずにすみました。

 田舎道での運動は、クマ鈴を付けた方が安全だという

教訓でした。よき休日をお過ごしください。

代表取締役 石川シュウジ


採用情報

絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ
採用情報