100分de名著「夜と霧」

  • 投稿日:2021年 9月25日
  • テーマ:


51HK+TY7KRL._SX347_BO1,204,203,200_.jpg
私が好きなTV番組にNHKの「100分de名著」がある。
(最近はほとんどTVを観ることもなくなっているのが現状です。)
一度は読みたいと思いながらも、手に取ることをためらったり、
途中で挫折してしまった古今東西の"名著"が多数あります。
この番組では難解な1冊の名著を、一回の放送時間が25分で4回連続、
つまり100分で読み解いていくものです。
学生時代にほとんど本を読まずスポーツばかりしていた私は、
名著を読んでいないことを恥ずかしく思っていたので、渡りに舟でした。

番組の案内役は、タレントの伊集院光さんと、安部みちこアナウンサー。
特に伊集院さんのコメント力に惹かれるものがあります。
伊集院さん自身もほとんど名著と言われる本を読んでいなく、
番組収録においても事前に読まないで解説者に質問します。
これが専門家の解説だけでは不足していた「一般人の視点」を付加してくれるのでとても面白いのです。
私のような一般人の理解をいっそう深める助けになり、難解な書籍にも興味を持てる様になっていきます。

私がこの番組で印象に残っているのが、ヴィクトール・E・フランクルの「夜と霧」でした。
丁度東日本大震災に見まわれ、全てを失ったという人、
運命に打ちのめされたという人、将来に希望が持てないという人が、世の中にあふれていました。

フランクルは「人生はどんな状況でも意味がある」と説きます。
生きがいを見つけられずに悩む人たちへのメッセージは、
先が見えない不安の中に生きる今の私たちにとって、
良き指針となるはずです。一読してみてはいかがでしょうか?

私は難解な本は、この「100de名著」の解説を聞いて興味をもったら

読むようにしています。きっかけはなんでも、「名著」に触れることが

人生を豊かにすると思います。

代表取締役 石川シュウジ

 


採用情報

絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ
採用情報