槍は切るものではなく通すもの



スクリーンショット (648).png

(ある79歳の女性が書いたエッセイから)

女性は、50年前結婚相手の家族に会うために、
1月2日に、大阪駅8時発の特急白鳥号に乗車しました。
ところが特急は新潟県の糸魚川で猛吹雪のため立往生し、
車内に「この列車は大雪のため大坂に戻ります」のアナウンスが流れます。

女性は山形県余目町まで行きたかったので、
「困ったなぁ、やり切れませんね!」とこぼしたら、
隣の60代の紳士が「槍は切るものではありません。通すものです。槍通しなさい」と諭され、
山形への別ルートを教えてくれました。

女性は糸魚川の駅長室から彼の家に電報を打ち、
米原から東海道線に乗り換え、一睡もせずに山手線、
上野駅から東北本線など6本の列車を乗り継ぎ、
大坂の家を出て3日目の朝に余目駅にたどり着いたそうです。

目的の駅で待っていた男性に「よう来てくれたな、根性あるな」と褒められたそうです。
その後、3月に結婚し、結婚50周年になりました。

この女性は、今は天国にいると思われる初老の紳士に,

再びお礼を言いたいそうです。

「あの一言で大変な雪の中を、草履がズーッと沈むホームを進み、

山形へ行きました。今の幸せがあるのは、あの一言『槍通しなさい』でした。」と

エッセイを結んでいます。

「やり切れない」と言いたくなるときは、誰にでもあります。

そんな時は、この話を思い出し、

「可能性を信じて、やり通す!」ことが大切ですね! 

    石川シュウジ


採用情報

絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ
採用情報