「住育」を考える



QR_151675.png

ちまたに様々な「〇育」があふれていますが、「住育」って聞いたことはありますか? 
実は住まいとは、そのご家族の幸せと直結している人生の重要なパーツになっているのです。
特にも家の「間取り」で人生が大きく変わるものだと思います。住まいには様々な家がありますよね!

・大きくても、寂しい家 ・小さくても、心豊かな家 ・家族がバラバラに崩壊する家

・家族が仲良くなる家  ・家事が辛い家      ・家事がしたくなる家

・帰りたくない家    ・ワクワク帰りたくなる家

上記の例は、家族関係が良いのか悪いのかによって決まるものですよね。
実は家族関係が良くなるのか、悪くなるのかはその家の「間取り」が大きく関係していることが分かってきました。

 つまり「間取り」が良いと、良い家族関係になり、「間取り」が悪いと悪い家族関係になるのです。

人間は環境の動物ですので、住まいの間取りがその家族の幸せに直結するのです。

 新築する場合、自分が生まれ育った間取りをベースに考える人が多いのです。
それしか知らないということも関係しているからです。
親の様にはなりたくないと思いながらも、年を重ねると同じようになってしまうことを
経験されている人もいると思います。

 

そこでご紹介するのが日本住育協会です。
理事長の宇津崎光代さんは「エチカの鏡」にも出演しています。
私たち夫婦が離婚しなかったのは、宇津崎さんから指導を受けて
「住育の家」を建て、暮らしたことが大きな転機となったからです。

詳しく知りたい人は、是非妻利佳子にご相談ください。

私は話を盛るので信用しない方がよいと思います。

  代表取締役 石川シュウジ


採用情報

絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ
採用情報