ワールド・ビジョンに寄付するとは?



wv_logo2_jp696-320.jpg

「すべての人々に"何もかも"はできなくとも、誰かに"何か"はきっとできる」

ワールド・ビジョン(World Vision)は、アメリカ生まれのキリスト教宣教師、
ボブ・ピアスが1950年に設立した国際NGOになります。
一日当たり150円、一月当たり4500円を寄付して、
命の危険にさらされている世界の子どもたちのチャイルド・スポンサーになることができます。

 私はこの活動に参加して10年程になりますが、モンゴルに男の子1人、インドに女の子1人、
スリランカに男の子1人、合計3人のチャイルド・スポンサーになっています。
毎年誕生日やクリスマスには手紙や絵、写真などを交換しますので、
子どもの成長が見える活動が、他の団体と違うところです。

 世界には様々な国際NGOがあります。日本では、「国境なき医師団」、
「アショーカ」、「セーブ・ザ・チルドレン」などが有名な団体だと思います。

 ところで私が知人・友人にワールド・ビジョンを進めると
「日本にも貧しい人はいます。まずは近くの人を助ける方が先ではありませんか?」、
「知らない団体に寄付するのはちょっと・・・」という答えが返ってきます。
しかし、有名な団体に寄付しているのかと思えばそうでもありません。不思議ですね!

 ある調査では「NPOに寄付をしたことがない」という日本人は、5割を超えています。
それでは、日本人はなぜ寄付をしないのでしょうか?

 これについては、明日から深堀りしてみますね。     

         石川シュウジ


採用情報

絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ
採用情報