• HOME
  • 0から1への挑戦

後藤新平先生のデスマスク発見!

  • 投稿日:2019年 4月13日
  • テーマ:その他

128776.jpg
本日4月13日は後藤新平先生の90回目の命日です。
今朝の岩手日報に台湾で後藤新平先生のデスマスクが
発見されたという記事が載っておりました。
私はこのお顔を拝見し、ボーイスカウトの総長として
少年たちに会釈している姿を思い浮かべました。
さて後藤の死去に関連した当時の複数の新聞が、
「家族の希望によりデスマスクを取ることになった」ことを
記事に取り上げています。
合計3つのデスマスクが作られ、その1つが今回台湾で発見されました。
日本人の習慣として決して一般的ではないデスマスク。
死後、手際よく製作されたのには、家族だけではなく、
後藤が関係した人々の思いがあったのではないかと想像します。
残り2つは一体どこにあるのかは今だ分かっていませんが
もしかしたら、3つのデスマスクは後藤とゆかりの深い、
台湾、満州、日本に一つずつ納められているのではないだろうかと
勝手に妄想する私です。
「自治三訣」
人のお世話にならぬよう
人のお世話をするよう
そして報いを求めぬよう
合掌



人生に問われている

  • 投稿日:2019年 4月11日
  • テーマ:

41X13RTCGRL.jpg
4月中旬なのに雪が降り積もるとは驚きですね。
春眠暁をおぼえずとまでなかなか気温があがりません。
さてこの4月に入り、人の生死を考えることが多くなっている私。
木村利光先生の一周忌を迎えたからかもしれません。
私の人生に大きな影響を与えた本に「夜と霧」があります。

人生がうまくいかなくなると、
人は「こんな人生に意味があるのか」と問いかけます。
一体それは誰に、何に問いかけているのでしょう。
人生にでしょうか。運命にでしょうか。

この本で著者フランクルは、人間とは生きる意味を「問う存在」なのではく、
人生から「問われている存在」だと主張します。
「問う者」から「問われる者」へ認識が変容した時、
自分のやりたいことを実現しようとするのではなく、
人生とは自分を越えた何かからの問いに
答え続けるプロセス
だと気づかされるのです。

つまり私たちは常に試されている存在ともいえるのです。

中村文昭さんが、「頼まれごとは、試されごと」という意味と同じですね!




歓迎会

  • 投稿日:2019年 4月10日
  • テーマ:その他

DSC03756.JPG
4月6日(土)入社式の後歓迎会をプティマルミットさんで開催。
いつもは居酒屋さんでの飲み会が多いのですが
少しこじゃれたレストランとしました。
ここはランチからディナー、フルコースまでお楽しみ頂ける
フランス料理店ですが
比較的お手頃な価格設定です。
若い女性スタッフを迎えるということで私たちも少し緊張気味。
しかし彼女の明るい笑顔と気さくな人柄で一気に会話がはずみます。
今回会社が大きく変わるチャンスと捉え、
皆で乾杯です!
宮田文乃さんです。宜しくお願いいたします。

*残念ながら高橋はカメラマンで写っておりません(笑)!



前の記事 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

  • 喉元過ぎれば熱さを忘れる!

  • 5月26日(日)、本日は全国的に猛暑!北海道では39度を観測したとか!ここ岩手県北上市も33度の真夏日です。我が家の気温計は午後になり28度を示していますが全く暑さを感じず妻とTVを
    >>詳しく見る

夢を叶えるマイスター

  • 床改修工事終了

  • 夢を叶えるマイスターの高橋です。床の改修工事が終わり、清掃をして使用できるようにしました。既存の床のレベル(傾き、水平)が悪く下地から改修しました。大工技術が素晴らしく、お客様も大喜
    >>詳しく見る