• HOME
  • 0から1への挑戦

100分de名著「夜と霧」

  • 投稿日:2021年 9月25日
  • テーマ:

51HK+TY7KRL._SX347_BO1,204,203,200_.jpg
私が好きなTV番組にNHKの「100分de名著」がある。
(最近はほとんどTVを観ることもなくなっているのが現状です。)
一度は読みたいと思いながらも、手に取ることをためらったり、
途中で挫折してしまった古今東西の"名著"が多数あります。
この番組では難解な1冊の名著を、一回の放送時間が25分で4回連続、
つまり100分で読み解いていくものです。
学生時代にほとんど本を読まずスポーツばかりしていた私は、
名著を読んでいないことを恥ずかしく思っていたので、渡りに舟でした。

番組の案内役は、タレントの伊集院光さんと、安部みちこアナウンサー。
特に伊集院さんのコメント力に惹かれるものがあります。
伊集院さん自身もほとんど名著と言われる本を読んでいなく、
番組収録においても事前に読まないで解説者に質問します。
これが専門家の解説だけでは不足していた「一般人の視点」を付加してくれるのでとても面白いのです。
私のような一般人の理解をいっそう深める助けになり、難解な書籍にも興味を持てる様になっていきます。

私がこの番組で印象に残っているのが、ヴィクトール・E・フランクルの「夜と霧」でした。
丁度東日本大震災に見まわれ、全てを失ったという人、
運命に打ちのめされたという人、将来に希望が持てないという人が、世の中にあふれていました。

フランクルは「人生はどんな状況でも意味がある」と説きます。
生きがいを見つけられずに悩む人たちへのメッセージは、
先が見えない不安の中に生きる今の私たちにとって、
良き指針となるはずです。一読してみてはいかがでしょうか?

私は難解な本は、この「100de名著」の解説を聞いて興味をもったら

読むようにしています。きっかけはなんでも、「名著」に触れることが

人生を豊かにすると思います。

代表取締役 石川シュウジ

 



生活相談員は人生相談員

  • 投稿日:2021年 9月24日
  • テーマ:理念

私は様々な資格を持っている。資格があれば飯が食える時代ではないが、無いよりは有った方が助かることが多いと思う。国家資格では2級建築士を持っているが、かなり遠回りし42歳での取得だった。38歳で社内にリフォーム工事部門を立上げ、最初は営繕工事がメインであった。次第に大きな工事となり金額がアップするに従い資格が必要になってきた。請負い工事では500万円までが、無資格で受注できるが、それ以上では有資格者が必要となるからだ。41歳を過ぎて日建学院に通い何とか合格したことが、今につながっている。

ところでデイサービスを開所する際に、施設に必要な有資格者を調べることから始めた。これまで建築業界しか知らない全くのど素人が知る由もないが、私も生活相談員になれるかもしれない可能性が見えてきた。至急大学から成績証明書を取り寄せてみると、なんと社会福祉主事任用資格があることが分かった。私が履修した科目が該当しているとのことでビックリ!

つまり私も生活相談員として働くことができるというのだ!建築の世界から知らない福祉の世界へと一挙に視野が広まった感じがする。しかしながらどの業界も資格があるだけで仕事にありつける甘い社会ではない。そのことはこれまでの経験から十二分に分かっているが、資格の無い人からみれば羨ましいに違いない。だったらこの資格を活かすことができないのかを考えてみた。

なにもデイサービス内で一緒に働かなくても良いと思えてきた。生活相談員さんの仕事を見ていると、ケアマネージャーさんと利用者さんのご要望にいかにして応えるかが問われているようだ。私の人生経験をこの通信でお知らせし、これを読んだ利用者さんと会話する。その人の人生について光を当てるきっかけとなり得ると考えた。私も無駄に還暦まで生きてきた訳ではない。

そうだ!私は生活相談員ではなく、これからは人生相談員と名乗ろう!

代表取締役 石川シュウジ



生涯幸福プランナーの絆すてーしょん

  • 投稿日:2021年 9月23日
  • テーマ:理念

コンパスウォーク北上鬼柳の運営母体は、住宅リフォーム工事を請け負う株式会社絆すてーしょんです。
今年で創業56年になりますがが、創業50年を機に社名を変更しました。
地元北上で沢山の人が往来する駅のような、プラットホームになりたいというお願いを込めてつけました。
だから特定の業種に限った仕事だけではなく、時代の要請により変化していくことも意識した社名なのです。
現在の生業として「住宅リフォーム事業」と「介護事業」の二つの柱があります。

そうはいっても「絆すてーしょん」という社名だけでは、
初めて聞いた人は何をしている会社か分かりませんよね。
そこで会社を一言で表すとどうなるのかを考えてみました。
例えば「お口の恋人、ロッテ」のようなシンプルなものがいいですね! 

私たちの仕事は、「住宅リフォーム事業」を通じ暖かい住まいを提供すること、
「介護事業」では歩行に特化した訓練により自分らしく生きることの支援となります。
どちらもお客様の健康寿命を延ばし生涯の幸福に貢献するものになります。

つまり私たちは、お客様と生涯を通じて幸福を支援するプランナーとして、
様々なご提案することが重要となります。
最初の切り口は住宅リフォームであっても、デイサービスであっても
生涯お付き合いできる深い絆を構築したいと考えております。

さて会社の看板を作り直さなければなりませんね。
生涯幸福プランナーの絆すてーしょん」。

これが私たちの目指すものになりますが、もう少しシンプルになるよう考えてみますね。

代表取締役 石川シュウジ



前の記事 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
採用情報

絆すてーしょんお役立ち情報

  • 日本で唯一のコト設計士 住宅という「モノ」を売るのではなく、暮らしという「コト」を設計します。 詳しくはこちら
  • 家族みんなが健康で快適に暮らせる家 人生100年時代、年を取るのが楽しくなる家に暮らしませんか? 詳しくはこちら
  • おせっかいワークショップ 家族全員の未来を描く!家づくりで失敗しないためのワークショップです。 詳しくはこちら
  • 最新チラシ情報
  • よくある質問
  • リフォームの流れ
採用情報