• HOME
  • 0から1への挑戦

ニッポン人への大ギモンシリーズ「なぜニッポンの若者は野心がないの?」

  • 投稿日:2018年 11月11日
  • テーマ:理念

NHKのクール・ジャパンという番組が好きでよく観る。
11月11日の放送はテーマが「ニッポン人の大ギモンシリース「なぜニッポンの若者は〇〇しないの?」
◆なぜナンパしないの?
◆なぜ政治の話をしないの?
◆なぜ野心がないの?
その中のひとつをご紹介しよう
46058086_254673078547763_2239690557121101824_n.jpg
(番組サイトより)
実際に街で意見を聞いたデイビッドさんは、成功や高い給料よりも安定や他の価値を重視することが、今の日本の若者にとっての新たな野心だと感じたそうだ。
外国人の目にはリスクを避けているようにも映るようだが、オーストラリアの若者たちは日本人と似ていて安定や余暇を重要視しているとか。各国の卒業時に起業を希望する大学生の割合を比較したデータで日本が極端に低いことについては、「出る杭は打たれる」ということわざを引き合いにリスクを避ける文化や、悪い労働環境にも耐える国民性が理由だという意見が出た。将来に安定を求める日本の若者については5人の外国人が否定的な意見となった。

私が常日頃感じているのは、日本の若者は自己肯定感が低いということが原因だと思います。
鎖国する前や開国から第2次世界大戦が終了するまで、アジア中に日本人町や日本人街があった。
このことからも島国根性とか農耕民族、単一民族だからなとという理由では全くないといえる。
46098815_673325213061036_3738785605446795264_n.jpg
大学卒業時に起業を希望する学生は0.9%に過ぎない。
このことも単に安定志向というよりは自己肯定感が低いからに他ならない。
さて今週末に私は北上市内の小学校に志授業を出前してくる。
子どもたちの自己肯定感を高めることが私に課せられた使命だと思います。

冬の風呂場に要注意!急死の危険「ヒートショック」


ScreenClip-2-1140x898.png
日本の全死亡者の3割は脳卒中や心疾患等の血管系の病気で亡くなっているというデータがありますが、その要因の1つが「ヒートショック」だと言われています。
ヒートショックとは、家の中の急激な温度差がもたらす身体への悪影響のことです。
冬になると入浴中の溺死やトイレで突然死といった高齢者の死亡事故に関する注意喚起が盛んになりますが、これらもヒートショックの一例です。
上のグラフを見ても分かるように、高齢者の浴槽での溺死が世界で最も多いのが日本です。諸外国と比較すると溺死者の割合は数十倍に及びます。
これは暖房器具と住まいの断熱性能の差による暮らし方が大きく影響しています。

心疾患における冬の死亡率の増加


断熱性能.png

心疾患における死亡率は冬になると増加いたします。これを自宅と病院で比較すると12月から2月の厳冬期での差が大きくなっています。これは自宅と病院の室温の差に比例しています。
病院の方が全館暖房で暖かいのは皆さまご承知のことでしょう。
暖房機の性能の差もありますが、断熱性能の差が大きく影響しているのです。



前の記事 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

  • 魚の世界

  • 確か、さかなクンが語っていたと思うのですが、 魚の世界でもいじめはあるのだそうです。 広い海の中にいるときには、みんな助けあって暮らしている。 ところが狭い水槽にいれるといじめが始ま
    >>詳しく見る

夢を叶えるマイスター

  • 外装事業部 雪止め現調

  • 外装事業部の高橋です。OBのお客様からのお問い合わせで現調しております。隣の方の敷地に雪が落ちてしまうという事で大型の雪止めを13台取り付けることでご注文頂きました。近隣の方への配慮
    >>詳しく見る