• HOME
  • 0から1への挑戦

無垢のフロア「チーク」

  • 投稿日:2018年 11月25日
  • テーマ:住まい

DSC03081.JPG
これも無垢のフローリングです。
素材はチーク材!高級素材として有名ですね!
世界三大銘木とは「マホガニー」「ウォールナット」「チーク」になります。
チークは天然の油分や殺虫効果のあるテクトノキンを多く含んでおり、
海水につかっても劣化しないと言われるほどの
耐水性、耐腐朽性、防虫性を誇ります。
また寸法の安定性も高く、古くから船の材料として使用されてきました。先述の特性に加え、見た目の美しさも相まってクイーンエリザベスII世号などの豪華客船にも多く使用され、日本では飛鳥IIや富士屋ホテルのメインダイニングルームが有名です。
このチーク材をヘリンボーン(矢羽張り)張りで納めてみました。
お客様のご要望により初めての施工でしたが、仕上がりをみてその美しさに感動しています。
お選びになったお客様のセンスの良さに感動ですね!



無垢のフロア「アカシア」

  • 投稿日:2018年 11月24日
  • テーマ:住まい

DSC03076.JPG
現代では一般的にフローリングというと工場で傷が付かないように表面をWPC加工した製品が主流です。
しかし本来フローリングとは無垢の木を床材として使用したものです。
今回のお客様は寝室の改修工事でアカシアの無垢材を選択されこの度完成しました。
アカシアの心材は濃い茶色で、辺材は白色と、色の差がはっきりしています。
木目は基本的に通直ですが、時として絡み合うことがあり、それがアクセントとなって床材としての魅力を高めています。
この床の上にごろ寝するもの気持ちよいですよ!



「気流止め」とは


48056374_361287837750786_2395235641014091776_n.jpg
住宅のリフォーム工事をする際に、既存の壁床天井の断熱材を取り換える場合があります。
特に壁は高性能のグラスウールに取替ますが、忘れてならないものがあります。
それは「気流止め」です。写真では床合板と外壁に挟まれて潰れている赤いものがそれに当たります。
どんなに高性能な断熱材を使っても壁の中を冷気が走るようでは効果がないのです。
この「気流止め」は既存の壁の上下を切り取り施工するだけで、既存のグラスウールの本来の性能を引き出すことができる優れものです。
高断熱高気密住宅でなくても十分に断熱材の性能を発揮させることで、住環境は格段に過ごしやすくなるものです。



前の記事 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

  • ナニダレの法則

  • 「同じことを言うにも、誰が言うかによって周りの反応が違う」 そう感じたことはないでしょうか? 会議などで、同じような意見を言ったのに、立場によって承認されたり、流されたりすることがあ
    >>詳しく見る

夢を叶えるマイスター

  • 床の改修工事終了

  • 絆すてーしょん 高橋です。床工事完了です。床下地から仕上げまでの改修です。フロアーは無垢材のナラのオスモ仕上げ材で施工しました。ちょっとの床貼りでしたが、無垢はやっぱりいいですね。有
    >>詳しく見る